あなたによってのお得なクレジットカードとは?

クレジットカード狙いをしっかりと定め、ポイントを集約して効率よく貯めていけば、無理に節約することなく、無料で旅行やショッピングができてしまうなど、現金よりはるかにメリットが多いのがクレジットカードだ。しかし、あまりにも種類が多すぎて、どここのクレジットカードを選べばいいか頭を悩ませてしまう人も多いはず。こんなときは、このサイトを参考にしてベストカードを見つけ出し、貯めたポイントでおトクな生活を目指しましょう。

ポイントをお得に貯めるには、クレジットカードだけでなく電子マネー、ネットをうまく組み合わせる必要があります。

2枚のカードが基本

サイフクレジットカードに家電量販店、航空会社、鉄道会社、スーパー、コンビニなど、多くの企業がポイントを発行しています。そのポイントを効率よく貯めるには1枚のカードのみでは、なかなか貯まりません。
できればライフスタイルにあったメインとサブ2枚のカードを持ちましょう。(3枚以上だと年会費のコスト増とポイント分散でおすすめしません。)

1年間で日本人1人あたり平均13000円分のポイントが貯まっているといわれています。ほとんどの人があまり考えず買い物でクレジットカードを使った結果がその金額になります。しかし、きちんとクレジットカードを選びきちんと管理をすれば毎年5万円分のポイントが貯めている人もいます。

クレジットカードのメリット

生活を豊かにしてくれるマストツール

かつて、クレジットカードのメリットとえば「現金の代わりになる」「支払いが後日でOK」が大半を占めていたが、今やクレジットカードは「ポイント」を貯めるツールであり、付加価値のほうが注目されています。各カード会社が提供するポイントプログラムは充実していて、人気が高い。使わなければ損です!

共通ポイントで利便性がアップ

「Tポイント」や「Ponta」などの共通ポイントの登場で、クレジットの使い勝手は格段によくなりました。利用者が貯めたいポイントに交換できるので、クレジットカードを使うメリットはますます高まっています。

Tポイントとは

TSUTAYAを展開するCCCが運営するポイントサービス。ファミリーマートなど提携先でカードを提示すればTポイント貯まり、他のサービスや商品購入に使ったり、ANAマイルなど提携ポイントに交換できます。

Pontaとは

ロイヤリティマーケティングが運営する共通ポイントサービス。ローソンやゲオ、昭和シャルなどが参加していて、貯めたポイントは提携先で使ったり商品や他のポイントに交換できます。

多彩な付帯サービスにも注目

海外・国内旅行傷害保険などの保険機能や、旅行時の手荷物配送、空港ラウンジの無料利用など、クレジットカードには多彩な付帯サービスが用意されています。なかでも、カードを持っているだけで傷害保険が適用される「自動付帯」はお得だ。こういったカードの付加価値もカードを選ぶときの項目に入れよう。

電子マネー決済

EdyやSuicaなどの電子マネーとクレジットカードの関係は深まる一方です。クレジット自体に電子マネー機能が付いていたり、おサイフケータイを搭載しているケータイやスマホなどにチャージすることでポイントが貯められるケースも見逃せない。電子マネーをよく使う人なら、相性のいい1枚を選びたい。

初心者のための最強クレジットの選び方

年会費の安さ。無料・実質無料が理想。有料でも2000円以下を

クレジットカードの年会費は無料のものから数万円かかるものまで、様々です。一般的には安いほど最低限のサービスで、高くなるほど内容は手厚くなる。ただし提携カードのなかには、無料あるいは低価格でも充実しているものもあります。コストパフォーマンスの高い1枚を見つけてほしい。

ポイント還元率は1%以上が目安。1.5%なら上々

カード決済することで得られる、各社独自の還元ポイント。注目すべきは還元率で、高ければ高いほどメリットは増します。カードによっては利用店舗や利用金額に応じて還元率がアップすることも。目安は1%(100円=1ポイント)、1.5%の還元率なら上々です。

ポイントプログラムの自由度。提携先が多いほど便利

交換できるポイントサービスが多いほど、利用できるサービスも増えていく。ほしいポイントにも集約しやすく、クレジットカードのメリットを効果的に得られます。

ほしいポイントや利用シーンをイメージする

買い物シーン各クレジットカードで貯められるポイントは異なり、所持ポイントの以降先も各カードで異なる。利用先で得られるポイントにも違いが生じるので、「どのカード」を「どこで使えば」「効率的にポイントが得られるか」を念頭にカードを選ぶこと。

たとえば、

まずは、あなたに合ったカードに変えて、次に携帯代、公共料金や低額の買い物までカードを使いましょう。 そして企業間のポイント提携で、「クレジットカードで貯めたポイントを航空会社のマイルい交換して無料往復航空券に交換」、「家電量販店のポイントを電子マネーに交換してコンビニで買い物」など活用方法があります。

総合ランキング5

1 楽天カード
楽天カード 年会費: 無料
VISA MasterCard JCB

楽天市場で買い物をする人 必須のカードです。

  • 楽天市場での買い物はいつでもポイント2倍
  • 毎週土曜日は、ポイント3倍
  • 月額105円で毎月6のつく日が最大3日間ポイント2倍
  • 街のポイント加盟店ならポイント最大3倍
詳 細 へ

2 JALカード Suica
JALカード Suica 年会費: 2100円(初年度無料)
JCB

JALカード唯一のSuicaがたまるカード

  • 年会費が入会後1年間無料
  • JALカード唯一のSuicaがたまるカード
  • JALグループ便のご搭乗でボーナスマイルが積算
詳 細 へ

3 ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカード 年会費: 2100円(初年度無料)
VISA

クレジット、ANAマイレージ、Suicaの3機能が1枚に!ANA VISA Suicaカード

  • ポイントはANAマイレージ、Suicaに移行可能!
  • 飛行機も電車も、これ1枚
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント
  • 旅のマイルがどんどん貯まる!
詳 細 へ

4 ファミマTカード
ファミマTカード 年会費: 無料
JCB

ファミリーマートによく行く人におすすめのカード

  • 入会金・年会費無料
  • 公共料金や金券などのクレジット払いでもTポイントが貯まる
  • TポイントをANAマイルに交換可能
  • TSUTAYAのレンタルサービスにも使える!
詳 細 へ

5 ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード 年会費: 年会費無料(条件あり)
American Express

ヤマダポイントやセゾン永久不滅ポイントをANAマイルに交換するのにおすすめなカードです

  • 初年度年会費無料、年間で1回の利用で年会費無料
  • ヤマダ電機でヤマダポイントが貯まる(還元率10%
  • ANAの提携パートナーの利用でANAマイルが貯まる
詳 細 へ

QLOOKアクセス解析